労働相談Q&A
ご連絡は、メールまたは電話で


メール: ntikurou@violin.ocn.ne.jp
電 話: 095-824-5788 長崎地区労


受付時間:月〜金曜 9:00〜17:00 
(この曜日・時間以外でも、スタッフがいる場合は対応します)


メールでの相談の場合、勤め先の住所(市区町村)を明記して下さい。
相談先をご紹介できます。勤め先の名称はいりません。
長崎市市役所別館(水道局)裏の通りが正面玄関となっております。
2Fの奥が長崎地区労働組合会議の地区労書記局(事務所)です。
←クリックでメール送れます。 ご相談は、お気軽にどうぞ

相談は無料、秘密厳守です。 賃金未払い、解雇、倒産、労災、労働組合作りなど、
たった一人で会社に向かってこれらの問題を解決するのは困難です。
地区労では、このような労働に関する相談なら、無料で受け付けています。


電話でも、直接事務所に来られてもけっこうです。 また、e-mailでの相談も受けつけています。
不都合ならば名前を明かす必要はありません。 当方、秘密厳守。ご安心を。



Q:残業が強要されていませんか? また、残業代はすべて払われていますか?
A:労働基準法では1日の労働時間は8時間と定め、それ以上労働させる場合は労使間の協定を結ぶこと
  を義務づけています。 また、その協定があるからといっても残業を拒否できる場合もあります。
  さらに8時間をこえて残業した場合は原則として2割5分増しの割増賃金を払わなければなりません。


Q:有給休暇はきちんとありますか? また、あっても取ろうとすると上司に理由を聞かれたり、
  いやな顔をされたり、断られたりしませんか?

A:有給休暇は6ヵ月以上働いた人ならどんな人でも取得できます(出勤日の8割以上働いていれば
  10日間、パートやアルバイトの人もその労働日数や時間に応じて付与されます)。また、有給休暇を
  取得するときに会社に理由を告げる必要はなく、どのような理由で取ってもそれは自由です。


Q:職場に男女差別やセクハラはありませんか? また、きちんと生理休暇はとれていますか?
A:男女の賃金差別や労働条件上の差別は労基法や男女雇用機会均等法で禁止されていますが、
  いまだにそれらの差別や、セクハラは後を絶ちません。 また、生理休暇も法律で定められた権利です。


Q:社長のワンマン経営で気分次第の待遇または、経営についての方針が二転三転しませんか?
A:社長の気分次第で配転させられてはたまったものではありません。 また、社長の気まぐれで経営方針が
  変わっても働く者としてはおろおろするだけです。 一人で社長に談判にいったら「気に入らないなら辞め
  てもいいんだぞ」の一言。 こんなところでは働けません。
  そんなとき労働組合があれば人事異動について同意協定を結ばせたり、経営内容の開示を要求することもできます。


Q:会社のリストラで急な解雇通告。このままでは納得できない!
A:裁判所の判例でも解雇に合理的な理由がない場合は、解雇権の濫用としてその不当性を認めています。
  納得できない場合は泣き寝入りせず、その理由を問いただし、それが不当であれば解雇撤回を求めることもできます。


Q:不景気で労働条件がさらに悪くなった。 勤務先がブラック企業っぽいんだが・・・
A:サービス残業や休日出勤があたり前になったり、代わりの人はいくらでもいる!(求人すれば来る)とばかりに労働基準法無視の
  最低な会社が発生しています。ガマンしても状況は良くなりません。 疑問を感じたら、やめる前に正しい知識を求め相談しましょう。
労働相談Q&A
労働相談 長崎
あなたの職場でこんな問題おきていませんか?
くわしい地図を見たい人はクリック