長崎地区労青婦協
第51回 長崎地区労 青婦協 定期大会



日 時 2016年9月21日(水)18:00〜19:30
場 所 長崎地区労働福祉会館・2F大会議室


主 催 長崎地区労 青年婦人協議会
松浦市役所職員組合 執行委員  『青年女性の労働組合についての学習会』
「自治労長崎県本部で青年部長を4年しました。 組合には周りが入ってるからなんとなく入っていて、
 組合は動員が多くてめんどくさいと思う人も多い。 役員をすると組合の事もわかってきますが、私も
 最初よくないイメージでした。 いろんな行動を通じて考えて見ると、自分たちが安心して働き続ける
 事ができる職場や社会をつくる事が労働組合の目的です。 賃金や職場改善の要求、団体交渉や政
 治闘争、平和運動を取り組んでいます。 青年女性のみなさんは直接はないでしょうけど、親組合が交
 渉など行って今の生活が保たれている。 職場でおかしいと思う事を直接訴えていくのが団体交渉。 
 青年女性部でも要求する意味はある。 自分たちの不満を訴える事で改善につながる。 


 なぜ労働組合が平和運動に取り組むのか。 私たち労働者が安心して働き生きていくには、平和な社
 会が大前提であり、労組としても取り組んでいる。 私たちの前の世代は戦争を経験している。 過去
 の歴史に学んで、反戦・反核・脱原発に護憲に取り組んでいます。 政治闘争については、政治の場で
 決められ、労働者にとって厳しい社会になっているので私たち労働者の実態を知っている人たちを応援
 する。 組合に押し付けられ、やりたくないという人もいますが、労働者の代表を政治の場に送り込まな
 いと、組合出身者の政治家が少なくなり労働者の声が少ない政治になってしまっています。 自分たち
 の賃金や職場を守るために組合が薦める候補者を応援するのが、自分たちの生活向上に繋がります。
 
 
 組合に入ってもメリットがないという声もありますが、組合が存在しているからこそ、当局や会社が好き
 勝手にできず、今の人員など待遇などが維持できていると捉えてもいいと思う。 なければ今の状況も
 維持できなくなる。 自分たちの職場環境を組合活動で守っていきたい。 サービス残業があたり前に
 なっているので、違法なのでオカシイものにはオカシイと自分たちで声を上げ言う事からスタートして、
 組合活動は自信を持って取り組んでいい。 青年女性が主体的に行動を起こす事で組合全体が活発
 になる。 みんなの為だけでなく、自分の賃金や職場環境改善のために興味を持って取り組んで頂け
 たらと思います。」
長崎地区労青婦協 副議長 (西海市職員組合 青年部)
「大会が開催されてない年もありますが、青婦協は結成して50年を超えています。 私たち青年女性労
 働者は平和センターや地区労などが主催してきた集会や学習会に、この一年間参加してきました。」


長崎地区労 書記長
「私も青婦協で議長などを5年しました。 職場が違うみなさんも青婦協の中で働く仲間を作って頂きたい。
 1人でも2人でも国会に推薦議員を送らないと、労働法制も改悪され残業代ゼロ法案や金銭解雇できる
 ようにしようとしている。 労働組合ががんばるしかない、組合がないと、うちは有給休暇がないと言う所
 もあり、労働組合があればそういう法律違反をさせないし、職場環境も変わる。 1人では闘えないし、1
 つの組合だけでも闘えないので地区労に結集して頂きたい。 公務員の賃金が下がっても中小は上がり
 ませんし、逆に全体が下がっていく。 労働者全体の底上げが必要です。 大会後の交流会にも参加する
 ことで、いろんな職場の意見や話をすることで仲間をつくり、交流を深めていきたい。」  
長崎地区労 青婦協 事務局長 (長崎市役所職員労働組合連合会 )
「青年女性部の学習会も終了したので、ただいまから第51回長崎地区労青婦協 定期大会を開催します。
 この一年間、平和センターや地区労などが主催してきた集会に、各組合の青年女性は参加してきました。」


資格審査報告(井筒造船分会)のあと、大会議長(県職長崎支部)が選出された。
議事日程の確認(長崎市職労)をして、選挙管理報告(労金労組長崎)が行った。
長崎地区労青婦協 事務局長が、活動報告と新年度方針提案、決算報告と予算案提案し採択された。
役員改選で選挙管理委員から新役員名が報告され、拍手で承認された。 議長団が大会スローガン確認。
退任役員のあいさつの後、新役員が順番にあいさつを行った。


長崎地区労青婦協 事務局長 (長崎市職労 青年部)
「事務局長を4年間となってますが、実際は5年やってきました。 横の繋がりができたのが自分としては
 プラスになりました。 組合活動は難しく考えがちですけど、まずは参加してみるのが大事でした。
 たくさんの方に助けて頂き、ひとりでは弱くても団結したら強い。 5年間でレクを、つり大会1回しかでき
 なかったので、新役員はレクレーションもがんばって下さい。 リレーの参加ありがとうございました。」


長崎地区労青婦協 新議長 (九州労働金庫労働組合長崎支部長崎分会 )
「大会でも言われたように青婦協に課題は多く、これから青年女性部を強化していけるよう、ともにがんば
 りましょう。」


長崎地区労青婦協 新事務局長 (郵政産業労働者ユニオン 青年部長)
「これまで幹事をしてましたが、事務局長になりました。 長崎地区労・青婦協枠の執行委員にもなるので、
 平和運動と労働運動をこれから一年、青婦協の運動方針で、みなさんとがんばっていきたい。
 最後に全員で団結ガンバローをして終了します。」