2016年度 長崎地区労 共済協議会 総会


日 時 2016年7月19日(火)18:00〜
場 所 セントヒル長崎


主 催 長崎地区労 共済協議会/全労済
長崎地区労 共済協議会 事務局長 
「地区労共済のセット共済は在職中の共済ですが、退職後も65歳の誕生月までに移行共済に加入
 すれば健康状態に関係なく80歳まで継続できます。 地区労共済の行事で、今年も8月19日に
 中小共闘ビアパーティを行います。 ご家族も含めて多数の参加を、お待ちしています。」


長崎地区労 共済協議会 会長 
「参院選はありがとうございました。 推薦候補者は残念な結果でしたが、もう少しなんとかなったん
 じゃないかと思う。 全労済の共済制度に入っている事で、熊本・大分地震でずいぶん助かった方
 も多いと思います。 なにかあっても安心した生活、地区労共済をみなさんと広げていきたい。」
地区労共済
全労済 長崎県本部 事業推進部 部長 
「熊本地震の現場調査から帰ってきました。 1万8千件の被災受付をして8割は、お支払いを完了
 しています。 自然災害共済の契約は少なく、再建が難しい方もいました。 今回被災にあわれた
 7割は住宅保証がなく、長崎の組合でも13%しか入っておらず全国最下位。 長崎は地震がない
 と思っていても、これからは何があるかわからない。 住宅災害に備えて、予算の中でどこまで掛
 けるか見直しをお願い申し上げたい。」
 


全労済 長崎支所 職域係長
「5月に防災カフェという勉強会を開催しました。 各組合での執行委員会や職場集会に全労済を呼
 んでください。 5分でも10分でも必ず行きます。よろしくお願いします。 いろんな共済があります
 が60年前に火災共済から始まりました。 1月の大雪で水道管破裂も多くあり、火災共済だけ入っ
 ていても水道管保障が全労済ならでます。 ベランダやテラス破損などもあり、保証が十分でないの
 で自然災害共済に入ると充実します。 標準と大型タイプがあり、組合員にお声かけをお願いしたい。」
全日本造船機械労働組合井筒造船分会 前執行委員長
「地区労共済2015年度の会計監査報告をします。 会計帳簿と証拠書類を照合の結果、決算書の
 とおり相違なく会計処理がなされています。」


2015年度・活動報告、会計監査報告などや、2016年度・活動方針、行事について役員各位から
報告され、拍手で承認された。 質疑のあと閉会後に懇親会が行われました。
地区労加盟の組合は新規加入の推進をお願いします。
 
クリック!