2017年 新春 長崎地区労 旗びらき


日  時 2017年1月5日(木)18:00〜20:00 
参加費  別 途
場  所 セントヒル長崎 


主  催 長崎地区労
長崎地区労 旗びらき
長崎地区労 書記長
「来賓を紹介します。 労金長崎から本部長に長崎支店長、県庁支店長。 全労済から事業推進部長
 に長崎支所長。 各団体の他、諸先輩が参加されています。 鏡びらきのあとに乾杯に移ります。」


長崎地区労 元書記長 (狭山事件を考える長崎市民の会 事務局長)
「働くすべての人々は権利を維持しながら豊かに生活できるよう、地区労が先頭に立って奮闘される
 ことを祈念し、ご参集のみなさまの美と健康を祝して、乾杯!」
長崎地区労 副議長 
「みなさま多数お集まり頂き、ありがとうございます。 2017年新春旗開きを開催致します。
 主催者あいさつの後に、来賓を代表して4名の方から順にあいさつを行って頂きます。」


長崎地区労 議長
「昨年12月に結成70周年を迎えて今年の運動の始まりの日。 地区労は今、大きな闘争を抱えて
 いる。 長崎バスユニオンは昨年24時間ストを行い、県労委へ申し立てを行った。 大きな闘いに
 なって行くので、支援をお願いしたい! 今年は昨年よりよかったと実感できる年にしていきたい。」
 
長崎県平和運動センター 議長
「オスプレイが胴体着陸したのは空中給油の影響で落ちたと言われ、原因追求もないままに運用を
 再開している。 安全保障上の観点から米軍や自衛隊は野放し。 辺野古の新基地建設、これか
 ら工事が進められる。 危険な安倍政権をみなさんと、ともに止めていきたい。」


社民党 池田章子 長崎市議会議員
「本日は県議の坂本浩、長崎市議の中里泰則、長与町議の安部みやこも来ている中、代表してあい
 さつ申し上げます。 ブラック企業が野放しで低賃金・長時間労働が拡大し、資本主義に生きる者に
 とって社会民主主義の実現が求められています。 正義の希望に満ちた一年にしていきたい。」 
民進党 高木義明 衆議院議員
「本日は県議の吉村正寿、長崎市議の木森俊也、西海市議の中野良雄も来ております。 参院選は
 勝敗は負けになりましたが、心から御礼申し上げます。 物価が上がり賃金が下がると年金カットの
 法案。 ギャンブルにカジノ、議論もない国家は死んでいる。 決戦の年、ご支援をお願いしたい。」


田中隆一 西海市長
「20年ぶりに出席し、懐かしい想いです。 民間の病院労働者として、組合を作り青婦協で一緒に活動
 しました。 地区労の仲間の支えがあったからこそ、勝ち取る事ができました。 みなさんが長崎バス
 闘争をいかに包むかが大切。 長崎県の市長で脱原発は私1人、原発は絶対にイカン。 体制に対す
 る市長の位置は難しい。 バランスのいい政治状況に変えるよう、労働運動を取り組んで頂きたい。」 
長崎地区労 副議長
「私たち労働者は春闘をどう取り組むか準備を始める時期。 長崎バスユニオンに本当の労働者の姿
 を見せて頂いた。 地区労が支援していると強調されがちだが、力づけて頂いている。 地区労全体
 で下支えし、運動を牽引してもらう事で循環していく。 みなさんのご協力をお願いしたい。」


長崎バスユニオン 執行委員長
「決意表明ということで、今年は勝負の年。 私たちは無理な要求はしていない。 労働者の権利、平
 等に扱えと。 組合差別は許さない、地区労の各組合のみなさん、最後までご協力お願いします。」


最後は参加者全員で団結ガンバローで終了しました!