協 賛
九州労働金庫/長崎支店,県庁支店・NPO法人長崎人権研究所・
長崎県教職員組合/長西総支部・
部落解放同盟長崎県連/長崎支部
長崎県人権教育研究協議会・長崎市人権教育研究会
長崎県地方自治研究センター・狭山事件を考える長崎市民の会
部落解放共闘長崎県民会議・
部落解放にとりくむ長崎県宗教教団連帯会議・
部落解放長崎地区共闘会議・一般財団法人長崎地区労働福祉会館

 
いのち・愛・人権 実行委員会 司会
「今年で16回目になります、2016年いのち・愛・人権ながさき市民のつどいを開催します。 11:30〜
 おーぷにんぐセレモニーは、いもの鼓(和太鼓演奏)です。」


いのち・愛・人権 実行委員長
「人権の問題、差別をなくす事は簡単ではない。 狭山事件の全国集会に参加してきました。 事件が起
 きたのは53年前、石川さんは仮釈放の後も被告のまま。 証拠開示のテープで冤罪はあきらかだが、
 司法は動かない。 正しく健全な司法の道を世論としてつくりあげないといけない。 人権・平和・主権
 在民と日本国憲法が発布され70年。 人権豊かな社会を求めていきたい。」
13:40〜『紙しばい会』 長崎平和推進協会 継承部と平和案内人有志
「結成して9回目の参加です。 被爆者の池田さんの証言を紙芝居にしたもので、『原爆の下に
 生きる』絵は西岡ゆかさんです。 池田さんは今日も城山小の被爆校舎の案内をしています。」 
11:40〜第1回目ステージ 『いもの鼓』 (和太鼓演奏)
「11年目になる小学生による和太鼓演奏ですが、最初の頃の子どもたちは大学生になっています。」
12:20〜『長崎居留地キッズコーラス』 (コーラス)
「私たちの平和ソングとして歌っています。 思いやりの心が響くといいなと一生懸命歌います。」   
ストリートマジックショーの隣で、各組合のみなさんが作る、無料わたがし。 (会場設営と撤去作業
もあります) 狭山事件、セクシャルマイノリティ、本人通知制度の各パネルが展示された。
15:00〜第3回目ステージ 『TATUMAKI』 (バンド演奏)
「長崎を拠点に活動しています。 パネルを見ながら演奏を聞いて平和や人権について考え
 てください。 今ニュースでもやっている本人通知制度は、わかりやすく書かれています。」
  
14:00〜『長崎市役所二胡愛好会』 (二胡演奏)
「ランタンフェスティバルで毎年演奏しています。 今日は行事が重なり7名で平和の尊さを演奏
 します。」 『長崎の鐘』の他、全6曲を演奏。
15:40〜『阿瓏〜ばNight’s』(あろ〜ばナイツ)
はじめに3チームがよさこい演舞を披露し、最後は全員で踊ります。
16:10〜えんでぃんぐセレモニー   
いのち・愛・人権 副実行委員長
「お忙しいスケジュールのなか、出演者・スタッフのみなさん、ありがとうございました。
 自らの人権を守る為、10月1日から戸籍の不正取得、事前登録型の通知制度が導入されました。 
 長崎市の窓口で簡単に登録できます。 みなさまにも登録のご協力を頂きたい。」


後援:長崎県・長崎県教育委員会・長崎市・長崎市教育委員会・長崎市PTA連合会
    NHK・NBC・KTN・NIB・NCC・長崎ケーブルメディア・FM長崎
  
  長崎新聞・朝日新聞・毎日新聞・読売新聞・西日本新聞・九州旅客鉄道
 
いのち愛人権
いのち・愛・人権 2016年ながさき市民のつどい

日 時 2016年11月 3日(木)11:30〜16:10
場 所 JR長崎駅前 かもめひろば
主 催 「いのち・愛・人権 2016年ながさき市民のつどい」実行委員会
最後に3チーム全員と飛び入り参加者でよさこい演舞。 『アンコール』他、全3曲。  
12:00〜『てまどり姉妹』 (演芸) NPO法人ノモッち
「10月に、こまどり姉妹と共演できました。 9年間続けた事でよかったねと、夢みたいな話でした。」 
13:10〜第2回目ステージ、『梅香崎中学校吹奏楽部』 (吹奏楽)
「原爆で多くのいのちが失われ焼け野原になっても、山王神社の楠が枝葉を伸ばした力に心を打
 たれました。 初めて1年と2年生だけの28名で演奏するステージです、お聞きください。」
続いての『ながよ河童連』は途中で衣装が一瞬で変わります。 市民のつどい開催目的@部落差別
をはじめとする一切の差別をなくし、いのちの輝きと互いの温もりが実感できる長崎の実現をめざす。
3番目に『東長崎夢魅隊』が登場です。 市民のつどい開催目的A長崎に暮らす様々な人々が、
ながさき市民のつどいで出会うことによって、互いを尊敬し、仲間とつながっていくことをめざす。